マハリシ・アーユルヴェーダの至福のトリートメントを、穏やかで雄大な素晴らしい自然の中で心ゆくまでお楽しみください ザ・ラージ・ジャパン

増悪したドーシャ・アーマの特徴と対策

  • HOME »
  • 増悪したドーシャ・アーマの特徴と対策

バランスのとれたドーシャ(ヴァータ、ピッタ、カパ)の特徴と増悪したドーシャ、アーマの特徴

アーユルヴェーダでは、人間の体内には3つのバランスがあり、それが整うことで、より高い健康を実現できると説明しています。この3つのバランスをドーシャと呼んでいます。
このドーシャの特徴とバランスを整える方法についてご紹介しましょう。

・バランスのとれたヴァータの機能とバランスを整える方法 

バランスのとれたピッタの機能とバランスを整える方法

・バランスのとれたカパの機能とバランスを整える方法 

・アーマの増えた兆候と対策

 

バランスのとれたヴァータの機能とバランスを整える方法

ヴァータは、動き、連絡、運搬という機能を持ち、生理においては血液の流れ、神経インパルスの伝導、ホルモン分泌、排泄、呼吸、自律神経の調節、思考、心の動きなどを正常に保つ働きをしている。

ヴァータのアンバランスを示す兆候

心理的なアンバランスの表れ

・考えがまとまらない。・いつの間にか、気持ちの落ち着きを失っている。・無駄な動きが多い

・些細なことで心配、不安になる。・休息をとることに不安を感じる。など

身体的なアンバランスの表れ

・肩や首筋が張る。・お腹が張って、ガスが溜まる。など

食事への影響

・食欲が不規則。・甘いものが美味しいと感じる。・過食、不安定な食欲。など

乱れたヴァータの鎮静法の例

・十分な休息。・夜10時までに就寝。・十分な睡眠(8時間程度)を取る。

・休日は不要不急な外出を控えてゆっくり過ごす。・規則的な生活を心掛ける。

・身体を冷やさないよう、温かく保つ。・大きな音(音楽なども)や騒音を避ける。・温かく消化の良い、適度に油分を含んだ食事を摂る。

・ヴァータを整えるグッズを活用する。

  →ヴァータティー、ヴァータチュルナ、ヴァータクリア、ヴァータアロマなど。

 

 

バランスのとれたピッタの機能とバランスを整える方法

ピッタは、変換、消化、代謝という機能を持ち、生理においては、食物の消化、胃酸、肝臓における解毒作用、体温の生産、知力、空腹感、視覚、喉の渇き、肌のつやなどを正常に保つ働きをしている。

ピッタのアンバランスを示す兆候

心理的なアンバランスの表れ

・イライラする。

・細かいことがきになる。・規則、時間を守らない人がいると腹が立つ。

・時間が気になる。・口調が荒くなる。人と口論になる。

・他人や自分に対して批判的になる。・スケジュールが気になる。・自分がなんとかしなければという過度な責任感。など

身体的なアンバランスの表れ

・暑いとイライラする。・目が充血している。・喉が乾く。など

食事への影響

・空腹に耐えられない。・極端に辛いもの、刺激的なものを欲する。・つい食べ過ぎる。など

乱れたピッタの鎮静法の例

・辛味、酸味、塩味を取り過ぎない。・頑張り過ぎたり、無理をしない。(頑張らないことにも頑張らないように!)

・美しい自然に触れ、新鮮な空気を吸う。・リラックスした時間を取り、楽しく遊び、よく笑う。

・身体を厚くしないように気をつける。(熱い風呂、長時間の日光浴などは避ける)

・ピッタを整えるグッズを活用する。

  →ピッタティー、ピッタチュルナ、ピッタクリア、ピッタアロマなど。

 

 

 

 

バランスのとれたカパの機能とバランスを整える方法

カパは、構造、重さ、硬さ、形という機能を持ち、生理においては、粘液、関節における潤滑油、強固な腰や胸、記憶の保持、精神の安定、持久力、精力、忍耐などを正常に保つ働きをしている。

カパのアンバランスを示す兆候

心理的なアンバランスの表れ

・気分が重い。・自分に自信がない。自分を過小評価する。・人に甘えたいと思う。

・人付き合いが苦手になる。疎外感。・進歩や向上心がなくなる。欲望が乏しくなる。

・自分の鈍さが悲しいと感じる。など

身体的なアンバランスの表れ

・体が冷えている。・身体を動かすと気持ちが良いが、基本動きたくない。・睡眠時間が長い。早く寝ても早起きできない。など

食事への影響

・お腹が空かない。消化に時間がかかる感じ。・あまり食べなくても、体重が徐々に増える。・甘いものが欲しいと感じるが、食べても美味しくない。など

乱れたカパの鎮静法の例

・毎日規則的に、軽く汗をかく程度の運動をする。(汗で身体を冷やさないように注意)・朝は早起きを心がける。

・生活に変化をつける。外出などの気分転換。部屋の模様替えなど。・油分を少し減らして、緑のは野菜を多くした軽めの食事。

・カパを整えるグッズを活用する。

  →カパティー、カパチュルナ、カパクリア、カパアロマなど

アーマの増えた兆候と対策

アーマは未消化物と訳されるように不完全な消化から生じます。アーマは体の管(スロータス)を詰まらせ、ドーシャのアンバランスの主因となります。

アーマは未消化物ですので、適切な食事、消化を整えることで消化しきることができます。

アーマが生じる原因

・断食 ・過食 ・前の食事が消化される前に食べる ・不規則な食事 ・冷たい食事 ・前の食事の残り物を食べる ・立って食べる ・汚染された食事 ・早食い、逆にゆっくり過ぎる食事 ・季節や時間への適応の誤り ・衰弱 ・自然な欲求の抑圧 など

増えたアーマによって生じる状態

・精神的、肉体的疲労感・怠惰・便秘・気力、体力の減退・消化力の減退・食事に興味がなくなる・繰り返し唾を吐く・身体や気分の重さ・自己参照性の欠如 など

アーマをなくす方法の例

・消化の良い、できたての、適度に油分を含む食事。・完全に空腹になってから食べる。・朝夕は食事量を少なめにし、昼食をメインの食事にする。

・適度な速度で食べる。・食べ過ぎない。満腹時の3/4程度。・定期的に夕食はおかゆかスープのみにする。・お白湯を食事と食事の間に1日3~4杯程度するる。

・ショウガ、黒胡椒、クミン、フェンネルなどのスパイスを使う。・ぬるま湯にレモン生はちみつを加えたものを朝の空腹時に飲む。

・アーマクリアを摂る。

 

 

文・写真:大江一郎(マハリシ・アーユルヴェーダ生理浄化法認定テクニシャン マハリシ・ヴェーダ大学・オランダ アーユルヴェーダ料理研究家)

参考文献:女性のためのマハリシ・アーユルヴェーダ(下山訓永著)

イメージ写真:PIXTA・他

※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

メンテナンス休業中の連絡先は下記まで TEL 0287-68-7111 9:00〜18:00(木曜定休)

Copyright © Maharishi Ayurveda Spa The Raj Japan All Rights Reserved.

Copyrighted Image