休業中のマハリシ・アーユルヴェーダのトリートメントは「マハリシ・アーユルヴェーダ SPA TOKYO 田園調布」で対応しております。

光と癒しのマハリシ・アーユルヴェーダ7月号

  • HOME »
  • 光と癒しのマハリシ・アーユルヴェーダ7月号

ピッタのシーズン到来!夏の日差しから目を守るいくつかのヒント

 

昔から「目は口ほどに物を言う」「目から鱗」「目から鼻に抜ける」など、ことわざでも馴染み深い“目”は、私たちにとって重要な器官です。

アーユルヴェーダでは、ピッタ(体内の消化、代謝、変換などを司るエネルギー)の下位区分であるアーローチャカピッタが視力と直感を司っているとしています。このアーローチャカピッタは、加齢とともにバランスを乱しやすくなる可能性があるので、“目”を気遣うことは大変重要です。ピッタの優勢になる季節である夏は、強い太陽の日差しなどにより、目は乾燥し炎症を起こす引き金になることがあります。

あなたの目をクールダウンしリラックスさせて、目の健康を保つためのヒントをご紹介しましょう。

強い日差しから目を守る

太陽の光をたっぷり浴びる……、健康的なイメージですが、何事もほどほどが良いでしょう。夏の強い日差しの日中には太陽の光を浴びすぎないように心がけることは、ピッタのバランスをとることにとても有益です。日傘や帽子などで顔の肌を守ることは、美容の観点ばかりではないようです。

また、夏の強い紫外線からも目を守ってあげましょう。UV-A、UV-Bの両方の紫外線をカットするサングラスを着用することをお勧めします。

身体の内側からクールダウン

アーユルヴェーダでは、甘い味、苦い味、渋い味の食物は、ピッタを鎮め目のクールダウンにも役立ちます。冷やす作用があるココナッツやオリーブオイル、ギー、バラジャム、ピッタチュルナなども活用したいアイテムです。逆に熱い、酸っぱすぎる、塩辛い食べ物や辛すぎるスパイスは避けると良いです。

早朝や夜などの涼しい時間帯のウォーキングや水泳などの運動、ハンモックに揺られたり、軽いおしゃべりや読書も良いでしょう。常温で楽しむピッタティーもお勧めです。

夏のオススメ!水出しピッタティー

 作り方はカンタン!カップまたはティーポットにティーバックを入れ、少量の熱湯で湿らせてから水を注いで、2〜5分抽出。お好みの濃さでお楽しみください。※1パックで150 〜200cc が目安です。

おすすめ! 目のケア

昼間の強い日差しでダメージを受けた目のケアとして、コットンにローズウォーターを浸して、閉じたまぶたの上に10分ほど乗せてあげましょう。目のピッタのバランスを整えてくれます。この方法の代わりにスライスしたキュウリを試してみるのも良いでしょう。

(参考/http://www.mapi.com/)

 

祝 国際ヨガの日 特別講演 「マハリシのヴェーダによる健康へのアプローチ」

マハリシ・ヴェーダ医療は、ヨーガやアーユルヴェーダ等の様々な手法を含む、自然法に調和した生命に関する、太古から伝わる叡智ヴェーダに基づく医療であり、マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーによって体系化されました。

何世紀にも渡り続いてきた薬を重視した健康法は表面的であり、生命とその進化を構成している無数の要素の全てに影響を及ぼすことができていません。心と体の全側面を考慮に入れた全体的なアプローチ、バランスのとれた人間の生理を支えている知性や自然法則の源と進化に関する知識に基づく、予防を重視したアプローチでなくてはなりません。

マハリシは、何千年もの間、分散していたヴェーダ文献を、全体的なヴェーダとして統合しました。この全体的なヴェーダが、拡大し続ける宇宙を構築している知性に他なりません。

理想的な健康とは、この知性であるヴェーダに立脚し、人間の生理が自然の法則と調和して正常に機能している悟りの状態を指すのです。

マハリシ・ヴェーダ医療は、現代の健康管理システムに欠けている要素を補完します。同医療は、インド政府のアーユシュ省や国際ヨガの日を支援し、さらにあらゆる国に、自己充足的な健康管理をもたらします。

<特別講演・開催内容>

2018年8月17日(金)

開 場: 13:30 開演: 14:00 (〜16:00)

会 場:インド大使館 スワミヴィヴェーカナンダ文化センター

東京都千代田区九段下2-2-11 電話03-3262-9391

地下鉄 半蔵門線・都営新宿線・東西線 九段下駅下車 2番出口 徒歩6分

入場 / 無料(要事前申込) 定 員:100名

ご祝辞:駐日インド大使館 高官

主 催:一般社団法人マハリシ総合教育研究所

インド大使館外観

<講師>

講師:マノハ・パラクリティ教授

略歴:過去30年間、マハリシ・アーユルヴェーダの脈診指導・臨床医療指導・西洋医学の医師向け臨床コンサルタントコースの開発と指導に従事。世界各国にて、マハリシの完全な健康への多角的アプローチの講演を行う傍ら、インド、オランダ、アメリカ、日本、イタリア等におけるアーユルヴェーダ製品調合技術のコンサルタント並びに開発研究員も務め、さらに各国にパンチャカルマ・センターを設立。米国マハリシ経営大学ではマハリシ・アーユルヴェーダの各種カリキュラムを開発。マハリシ・アーユルヴェーダ・マザーベビー・プログラム開発チームの中心的ヴァイディヤ(医師)の一人でもある。

2015年オランダマハリシ・ヨーロッパ研究大学よりダンヴァンタリ賞受賞。同年、北米アーユルヴェーダ専門家協会よりダンヴァンタリ賞受賞。

現在、米国マハリシ経営大学アーユルヴェーダ臨床医学教授、カリブ地区アメリカ統合科学大学大学院で統合医学を指導。

<お申し込み・連絡先>

web申込:http://bit.ly/2y3ArbJ

一般社団法人マハリシ総合教育研究所 東京事業本部

東京都千代田区麹町2-10-10-1F 

電話: 03-6272-9398 Fax: 03-6272-9466 

Eメール: tokyo-hq@maharishi.or.jp

      

 

 

マハリシ・アーユルヴェーダを彩るハーブ&スパイスたち

■カルダモン

味:辛味、甘味

効力:熱性

消化後の味:辛味

ドーシャへの作用:ヴァータとカパを減らし、過剰に取るとピッタを増す。

カルダモンは、最良かつ安全な消化促進材の一つです。脾臓の働きを活性化し、アグニ(消化力)を強め、胃と肺からカパを除去します。精神と感情を刺激し、明晰さと喜びを与えるとされています。

牛乳に混ぜると、粘液の生成を抑え、コーヒーなどに含まれるカフェインを中和する作用があるとも言われています。サットヴァ(純性)の質を持ち、特に体内のプラーナの流れを開いて、滑らかに流れるようにする働きが期待できます。

カルダモンは、子供やヴァータタイプの神経のアンバランスからくる消化不良に効果的とされています。

■ジンジャー

味:酸味以外全ての味、特に辛味

効力:熱性

消化後の味:辛味

ドーシャへの作用:ヴァータ、カパを減らし、ピッタを増す。

にんにくは、強力な若返りハーブです。ヴァータにとってはラサヤナ(生命のエッセンスを活発にするもの)となり、カパや骨、神経系にとっても同様の働きをします。また、強力な解毒作用が期待でき、慢性またはヴァータの間欠的な発熱に効果があるとされています。血液やリンパ液から、アーマやカパを浄化します。ただし、熱性のため、ラクタ(血液)を増悪させ、出血を起こしたり、悪化させることがあるとされています。精神への作用ではタマスの性質を持っているため、安定感を増す一方で精神を鈍化させることがあるので注意が必要です。

参考:「東西融合の薬草治療学 アーユルヴェーダのハーブ医学」(出帆新社刊行)

 

マハリシアーユルヴェーダ公式ショップ アンナプルナ

 

 

OGギー

250g  3,200円(税込)

アーユルヴェーダでは、ギーが油の中でもっとも良いものとされており、あらゆる料理や飲み物に用いられます。また、ギーは効果的なラサヤナ(生命のエッセンスを活発にするもの)であり、消化を強め、健康のために理想的な食品とされています。

 

 

 

 

OGココナッツオイル

300g 1,080円(税込)

スリランカ産のオーガニックココナッツの果肉を低温圧搾で絞り、180℃のスチームで処理しております。ココナッツは、ピッタを下げます。特にイライラを感じる時や、蒸し暑いと感じる時に最適です。バターなどの調味料の代わりにご利用ください。

 

 

 

 

 

有機オリーブオイル

270g  1,080円(税込)

スペインアンダルシア地方のオリーブ園で収穫する若い実を使ったオリーブオイルです。エキストラバージンは良い実だけを選び、低温ミル、遠心分離による一番搾りで生産しています。オリーブオイルは、ヴァ―タとピッタに良く、アーユルヴェーダでは植物油として良いものとされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バラの花びらジャム

220g  1,404円(税込)

ピッタを鎮めるバラをふんだんに使用したバラジャム。ワイルド・ダマスクローズの花びらを使用したナチュラルで上品な甘みが特徴です。

 

 

 

 

ばら水(食用)

20ml(スプレータイプ) 2,000円(税込)

自然栽培されたダマスクローズを夜明け前に手摘みし、伝統的な抽出方法である水蒸気蒸留(ISO)法で抽出した100%天然の製品です。優雅で甘美なバラの香りは、安らぎと豊かな気分を与えてくれます。また、香りを楽しむだけでなく、食品ですので口、腸から吸収され体内でビタミンAとCに変化します。スプレータイプですので、お口にシュッとすることで口臭対策にもお使いいただけます。

 

 

 

 

 

 

ピッタ・チュルナ

35g  1,440円(税込)

アーユルヴェーダでチュルナとは、スパイスと調味料のブレンドのことを意味します。ピッタを鎮めるスパイスやハーブが配合された調味料です。夏など暑い時にお使いください。トマトなど、ピッタを高める食品にお使いください。

 

 

 

ピッタティー

香り高いバラの花びらと、爽やかなスパイスをデリシャスに組み合わせたピッタ・ティーは、カーッとなったり、イライラした時に最適です。温かいままでも、冷やしても飲めますし、心身を落ち着かせ、涼しくする作用があります。

ドイツ製OGピッタティー(BIO認定取得)

ピュアオーガニックの証、BIOマークが付与されています。

1箱(18g)15パック 1,690円(税込) → 1,268円(税込)※国際ヨガの日応援商品のため7/31まで25%OFF

インド製ピッタティー

こちらの商品は海外有機認証を取得しておりませんが、自然栽培の原料を使用しています。

1箱(34g)20パック 1,130円(税込) → 848円(税込)※国際ヨガの日応援商品のため7/31まで25%OFF

 

休業中のマハリシ・アーユルヴェーダのトリートメントにつきましては下記まで TEL 03-5755-5801 電話受付/9 時30 分〜12 時・13 時30 分〜17 時(月曜、火曜、金曜は19 時まで受付/水曜・木曜定休日)

Copyright © Maharishi Ayurveda Spa The Raj Japan All Rights Reserved.

Copyrighted Image